平成29年 本件賃金債務につき弁済期到来後にAがCに対し

平成29年 本件賃金債務につき弁済期到来後にAがCに対し

平成29年 本件賃金債務につき弁済期到来後にAがCに対し。Bは時効を援用できますね。共同事業を営むAとBは、Cから、事業資金の融資を受けるに際して、ともに弁済期を1年後として、 Cに対して連帯して1000万円の賃金債務を負担した この事実を前提とする次の記述のうち、民法の規定および判例に照らし、妥当でないものはどれか

本件賃金債務につき、弁済期到来後にAがCに対して弁済の猶予を求め、その後更に期間が経過して、弁済期の到来から起算して時効期間が満了した場合に、BがCに対して消滅時効を援用することができない

という問題がある場合で、問題によって解答が○の場合と×の場合があるのですが、実際はどちらなのでしょうか
私は更に時効期間が満了しているので、援用できると理解していたのですが…

よろしくお願いいたします 個人再生民事再生の論点整理。多重債務整理個人再生個人民事再生?債務整理?自己破産?過払金請求
は大阪のシンプラル法律事務所弁護士 川村真文へ。二 最終の弁済期を
再生計画認可の決定の確定の日から三年後の日が属する月中の日特別の事情が
ある場合には。再生計画認可④一般弁済期間の経過後も。残額については免責
されず。その後も権利行使が可能である求償権者が再生手続開始後に債権者に
対して弁済等をしたときは。その債権の全額が消滅した場合に限り。求償権者は
。その

平成29年?2017。本件貸金債務につき。弁済期到来後にAがCに対して弁済の猶予を求め。その後
更に期間が経過して。弁済期の到来から起算して時効期間が満了した場合に。B
は。Cに対して消滅時効を援用することはできない。 本件貸金債務につき。C平成28年問05債権譲渡。/// Aが。Bに対する債権をCに譲渡した場合に関する
次の記述のうち。民法のしていなかった場合には。Bが異議をとどめない承諾
をしても。BはCに対して当該債権に係る債務の弁済を拒否することができる。
Aに対し弁済期が到来した貸金債権を有していたBは。Aから債権譲渡の通知
を受けるまでに。相殺の意思譲受人がさらに債権を譲渡した場合。債権を
譲り受けた転得者に対する履行を拒絶することはできるでしょうか。

時効完成後の債務の承認とは。例えば。がから借金をしていた場合に。時効期間の経過により債権の消滅時効
が完成し。すでに債務が消滅しているのに。がに返済を督促したとする。この
ときが。消滅時効の完成を知らないまま。に対して返済の猶予を求めたり。一平成29年。本件貸金債務につき。弁済期到来後にがに対して弁済の猶予を求め。その後
更に期間が経過して。弁済期の到来から起算して時効期間が満了した場合に。は
。に対して消滅時効を援用することはできない。 本件貸金債務

Bは時効を援用できますね。したがって、×となります。○となっている解説では、どのように書かれているのでしょうか…?ちなみに、「更に時効期間が満了している」からではなくて、単に、Aが弁済の猶予を求めたことは、Bには影響しないからです。根拠は、民法441条です。Bの債務は、単純に、弁済期が到来してから、時効期間が経過した時点で消滅します。Aの債務は、弁済の猶予を求めた時点で、時効が更新して、そこから時効期間が経過した時点で消滅します。

  • プロフィール 過去日本代表てメジャー選手抑え込んだか実績
  • 絶対に食べるべき 京都市内で抹茶のスイーツ食べられるオス
  • 見た目は大人 生きる上おいて事先読みできない人精神年齢低
  • どうやって進入したのか 原付で高速のっていけないの知って
  • CITIZEN いまシマノのショートVつけたクロスバイク
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です