尊王攘夷とは 尊王攘夷ってどいうことですか

尊王攘夷とは 尊王攘夷ってどいうことですか

尊王攘夷とは 尊王攘夷ってどいうことですか。天皇のことめっちゃ好きな俺たち尊王だけど、最近俺たちの国にやってくる外国の人達怖いから追い払おうぜ攘夷って考えです。尊王攘夷ってどいうことですか 日本を動かした攘夷ってなに。攘夷と尊王攘夷江戸末期。当時日本は大事件が起こりました。ペリーが浦賀沖に
やってきたのです。これにびびった幕府の対応はなんとも煮え切らないもので
した。それに端を発したのが攘夷運動です。 攘夷の意味は。夷狄幕末のキーワード。そして「攘夷」とは外敵を追い払うことで。これは辞書でもそう解説されている
言葉です。 最も。あくまでそれは直訳であり。尊王攘夷は政治的思想を意味する
言葉になります。そのため「天皇を敬って尊王攘夷運動の「攘夷」。この回答がベストアンサーに選ばれました。 こまる 年以上前 攘夷派とは。諸
外国と多くの関係を持ち。世界に進出しよう。という考えを持っている開国派に
対し。外国は全て排除!関わりを持つ必要はない!という考えを持っている人達

尊王攘夷とは何。尊王攘夷そんのうじょうい。尊皇攘夷そんのうじょういとは。君主を
尊び。外敵を斥けようとする思想である。江戸時代末期幕末の水戸学や国学
に影響を受け。維新期に昂揚した政治スローガンを指している尊王攘夷そんのうじょういの意味。尊王攘夷そんのうじょういとは。意味や解説。類語。1 中国で。周の王室を
尊敬し。異民族の中国侵犯を打ち払ったこと。2 「尊皇攘夷」とも書く日本
で江戸末期。尊王論と攘夷論とが結びついた政治思想。朱子学の系統を引く水戸尊王攘夷と公武合体とは。初めに尊王攘夷とはなんぞや?と言うところから解説致します。尊王攘夷とは
尊王攘夷そんのうじょういの「尊王」とは。王=すなわち「天皇」を敬い。「
攘夷」じょういは。外敵外国の侵略を撃退しようとする思想です。

尊王攘夷。[今さら聞けない幕末]。それがなぜ「尊王」とくっつくかというと。大の孝明天皇がめちゃくちゃ外国人
を怖がり。嫌っていたからです。 日本で一番えらい天皇が「攘夷派」なん
ですから。初めは猫も杓子も皆「尊王攘夷」派でした。尊王攘夷とは。デジタル大辞泉 – 尊王攘夷の用語解説 – 1 中国で。周の王室を尊敬し。異民族の
中国侵犯を打ち払ったこと。2 「尊皇攘夷」とも書く日本で江戸末期。尊王
論と攘夷論とが結びついた政治思想。朱子学の系統を引く水戸学などに現れ。

天皇のことめっちゃ好きな俺たち尊王だけど、最近俺たちの国にやってくる外国の人達怖いから追い払おうぜ攘夷って考えです!帝もご承認しておられない条約には従えないとする立場のことです。異人の侵略経済的にもには戦うのが武士だったはずです。「尊王攘夷」は、中国製の四字熟語、古典中の古典的スローガンです。ここで「王」というのは漢民族の皇帝を、「夷」というのは異民族を指します。 中国の歴史は、農耕漢民族の国と、それを征服しようとする遊牧民族の、四千年にわたる抗争の歴史にほかなりません。匈奴、鮮卑、蒙古、女真といった北方の覇者が、豊かな中華の地を侵略しようとして侵入してくる、それを撃退する、ということの繰り返しです。これは宿命的なものであり、漢民族と北方民族が長期間にわたって仲良く共存するという状態だったことは、ほとんどありません。つねに「やるか、やられるか」という関係だったのです。ですから、「攘夷」とは、外国と付き合わないとか開国しないという生易しいことではありません。四の五の言わずに夷を撃退しろ、殺される前に問答無用で殺せ、ということです。 「王」というのは、天に認められた正当な支配者、という意味です。これに対応する反対語は「覇」です。つまり、力づくで世界を支配しようとする者です。つまり「尊王」というのは、単に皇帝がエライということではなく、力づくの侵略者を退けるために正当な君主を中心に団結しよう、という意味になるのです。「尊王攘夷」が四字熟語で分解不能だというのは、そういう理屈です。この言葉が日本人に知られたのは、「朱子学」の基本概念のひとつだからです。朱子朱喜はモンゴル帝国元に攻められ青息吐息だった漢民族国家「南宋」の人です。「漢民族が王皇帝を尊び一致団結して、夷モンゴルをやっつけなければいけない」という意味で、「尊王攘夷」を繰り返し唱えたのです。つまり「尊王」は、漠然と「王様を尊敬しよう」なんていう甘っちょろい言葉ではなく、「祖国防衛戦争のシンボルとして王を担ぎ上げろ」という思想なんです。 朱子学は江戸時代の日本人の基礎教養とされましたから、「尊王攘夷」という言葉自体は、知識人はみんな知っていたわけです。「民族のプライドを忘れるな」という一般論として、ですね。「外国に隷属しよう、それがいい」なんて言うものはいませんから、「尊王攘夷」でない日本人はいません。佐幕だろうと勤王だろうと。ところが幕末になって、「幕府が異国に屈して開国してしまった、天皇は異国を嫌っている」という状況において、「天皇を担いで幕府を倒そう」と考える側の意図に、「尊王攘夷」というスローガンが、絶妙に上手くハマってしまったのです。 日本では「王」とは「天皇のことだ」と、本来は「正当な君主を尊ぶ」という思想的なコトバを「天皇を尊ぶ」という即物的な意味の「尊皇攘夷」と書き換え、意味をスリ変えたのです。なにせ「尊王攘夷」は他ならぬ幕府が唯一の官学とした「朱子学」の言葉ですから、これはもう憲法みたいなもので、今でいえば「主権在民」とか「戦争放棄」とかいうのと同様、それホントかよと内心思う者がいたとしても、誰もおおっぴらには逆らえない理念なのです。だから「尊皇攘夷」と言われると、みんな「そうだ、それが正しいよな」と思い込んでしまうんです。こういうとき、頭のいリアリストは、憲法自体を否定するのではなく、「拡大解釈」をしてみせます。龍馬あたりが「開国して外国と商売して、力を蓄えて、経済力で外国に勝てば、それがリッパな攘夷ぜよ」みたいなことを言うわけですが、そんなことを言えるのはかなり頭のいいやつだけです。たいていの人間は、即物的に、目の前にある状況に当てはめてしか、モノを考えられません。 日本で「夷」といえば、平安時代まで奥羽で頑張っていた蝦夷のことだったのに、これがいつのまにか米英仏などの諸外国にスリかえられました。「尊皇攘夷に決まってるだろ、本場中国の古典にそう書いてあるんだから、これはワールドスタンダードだ」と言われると、幕府も口をモゴモゴさせるしかなく、無理な攘夷を約束させられて、どんどん立場を悪くしていく、という結果になったわけですホントは中国人はそんなこと言ってないのに。 中国の元々の意味からいけば、「攘夷」の反対語は「開国」ではなく「屈服」「隷属」です。中間はないのです。「尊王攘夷!」と唱えることは、外国と仲良く付き合う、という第三の選択肢を意図的に隠し、幕府を追い詰める有効な手段となったわけです。つまり「尊王攘夷」ならぬ「尊皇攘夷」は、討幕派の方便です。薩長が本気で「攘夷したい」と思ってたわけがないじゃん、というのは、あたりまえです。征夷大将軍をトップとする武士階級を頂点とする身分制それを天皇制に移行したときの言い方です明治時代から士農工商の身分制度は撤廃されましたが今もこれからも武士階級出身の数多くの有力な財閥が仕切ります従いまして自分の出自をよく知った上で武士階級の御機嫌を伺うことは日本で賢く幸せに暮らすための生きる知恵になります*_ _尊王攘夷そんのうじょうい、尊皇攘夷そんのうじょういとは、君主を尊び、外敵を斥けようとする思想である。江戸時代末期幕末の水戸学や国学に影響を受け、維新期に昂揚した政治スローガンを指している。ウィキより。

sitemap

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です