博士論文目次 地面や布地が『ぢ』ではなく『じ』で表記する

博士論文目次 地面や布地が『ぢ』ではなく『じ』で表記する

博士論文目次 地面や布地が『ぢ』ではなく『じ』で表記する。昔の日本とありますが、そもそも歴史的假名遣ひは明治初期に採用されたものなので江戸時代以前には国学で其の研究があっただけで一般には使用されていませんでした。歴史的仮名遣いについて質問です 「地面」や「布地」が、『ぢ』ではなく『じ』で表記するのは、日本に伝わってきた時から『ぢ』として存在していたから、現代仮名遣いに直した時原則通り『じ』に修正したためである、と理解できました では、昔の日本ではずっと『ぢめん』『ぬのぢ』と表記していたのでしょうか あと、別の質問なのですが、「基づく」は、『もとづく』を本則通りの正解として、『もとずく』は許容されるのでしょうか それとも、「基づく」は二語の連合として、『もとづく』のみが正解なのでしょうか 「鼻血」はひらがなで書くと「はなぢ」ですが。鼻血」の場合。「血」の「ち」という読み方が濁って「ぢ」になっているから。
「ぢ」と書くのは当然だ。ということは。ほとんどの漢字の音読みには漢音?
呉音というものがあることは。あちこちで触れてきましたが。「地」の場合。
漢音がチ。呉音がジなのです。つまり。「地面」の「じ」は。「ち」が濁った
ものではなく。もともと濁っている読み方なのです。 現代日本における仮名遣い
を定めた文書としては。年に内閣告示として出された『現代仮名遣い』が
あります。

「地面」はなぜ「じめん」なのか。読者から。「地面」という語を辞書で引くと見出し語の読みは「じめん」になっ
ているが。「地」という漢字のこのような仮名遣いに関しての決まりは。
昭和年月日の内閣告示第一号「現代仮名遣い」に例 じめん地面
ぬのじ布地この部分を読んで。皆さんは何を言わんとしているのかすぐに
理解できたであろうか。に存在する音で。この「ジ」は「はなぢ鼻血」
などのように「チ」が他の語に続いたために濁ったものではない。「地面」は「ぢめん」ではなく「じめん」。国語辞典にも載っているように「地面」は「ぢめん」ではなく「じめん」が
正しい。一方。「日本語には言われてみると不思議に思える規則がある。
読み方に「じ」もともと仮名遣いには「ぢ」と「じ」の二つがあったが。基本
的に「じ」に表記を統一する規則が定められた。それが戦後その後。「現代
かなづかい」は年昭和年に「現代仮名遣い」として改定された。

「ぢめん。現代仮名遣い」において「地面」や「地震」がなぜ「ぢめん。ぢしん」ではなく
て「じめん。じしん」になるのか分からないという人。またその説明は読ん
ただし「ち」が濁った場合であるときは「ぢ」と書く。という決まりがあります
。博士論文目次。いうキーワードを以て。芥川文学以前の日本文学を背景として触れる必要がある
と思われ る。 リアリズム当然時間と空間を超越することができる存在では
なく。そして単独の孤立した存在でもない。こなかでも。黄興濤『「她」字的
文化史』は。精確近代以前にも。「他?彼?伊」などの三人称を表す代名詞
は存在していたが。男女の区年「羅生門」を翻訳するとき。近代中国語は。
すでにこの二つの三人称代名詞によって男陳の論述によれば。日本に伝わった
漢字は。

昔の茨城弁集/茨城方言大辞典/し。実際の用法は『しから』『しけ』等に限られるので。関西方言の『さかい?さけ
ー』の『さ』に相当する可能性が高い。えってきたなしは。行って来たよ。
現代標準語では。接続助詞として使われるが。余韻のある文末形としても
しばしば使われる。そのため茨城県下どころか土浦市内でもここでの定義が
くまなく通じるわけではないが。当時の土浦では。『ひーひーひー日本では『
シカゴ』と表記されるが。『シ』は無声音で『ゴ』は鼻濁音が標準語の発音で
ある。茨城方言

昔の日本とありますが、そもそも歴史的假名遣ひは明治初期に採用されたものなので江戸時代以前には国学で其の研究があっただけで一般には使用されていませんでした。なので「じめん」でも「ぢめん」でも発音が統一された地域の人にとっては誤りとか正解の概念すらなかったわけです。明治になって歴史的假名遣ひが導入されましたが現在と同じく簡単な漢字は仮名ではあまり書かないので「じめん」とも「ぢめん」とも殆どの場合書かなかったでしょうが正解とされたのは「ぢめん」の方です。ですが例えば平仮名で書きなさいなんて場合には方言で「じ」と「ぢ」の区別がまだある地域の人以外は書き分けは困難で、当時の専門家でも全ての漢字の字音仮名遣いを正確に書き分けるなんて事はできませんでした。また、『現代仮名遣い』では、「現代語の意識では一般に二語に分解しにくいものは,それぞれ”じ””ず”を用いて書くことを本則とし,”せかいぢゅう””いなづま”のように”ぢ””づ”を用いて書くこともできるものとする」とあり「もとづく」でも「もとずく」でも許容されるはずです。ただし、現代仮名遣いとは人々に強制しているものではなくただの據り所、基準であって、なんなら歴史的假名遣ひで文章を書いても良いし、現代仮名遣いにも歴史的假名遣ひにも則らず自分であらたに仮名遣いを作って書いても良いのです。これは常用漢字と同じで誰も常用漢字表外の漢字を書いたり、当て字を作って書いたりしても咎める人はいない様に、公文書を作るお役所みたいなところを除けば極論本来は無視しようが何しようが好きに使って良いものです。気になるようであれば文化庁HPで原則や例外等簡単に閲覧できますが、普通の人ならそんなに細かいところまで気にして書く必要はありません。旧仮名遣いでは、「ぢめん」、「ぬのぢ」ですね。「じ」と「ぢ」は、現代人には区別できませんが、異なる音でした。明治生まれの祖母は、「じ」と「ぢ」を発音で区別していました。「基づく」、「こづかい」、などは、付く、使うなどの「つ」が濁っているのですね。地の漢音が「ち」、呉音が「ぢ」だったために、元々は「ぢ」が使われてきたそうですが、現代仮名遣いの規則によって「じ」に改められたので、それ以降は「じ」になっただけで、古来ずっと「ぢ」だったそうです。室町時代の辺りまでは「ぢ」と「じ」ではそもそも発音が違っていたのだそうです。「基づく」は本来は「基く」で、基の部分の読みの一つが「もとづ」だそうです。これは、法令用語改正要綱で「基づく」に改めると定められているそうで、「基ずく」は使われないそうです。地面?布地を「じめん」「ぬのじ」で表記するのは現代仮名遣いで、音に合わせて統一しようという動きだったので、もちろんそれ以前は「ぢめん」「ぬのぢ」と書いていました総ルビの近代作品を見ると出てきます。もう一つ、「基づく」の「もとづく」も昭和30年ごろの国語審議会で、もと+つく、というよりもはや一語であると認識し「もとずく」とすべきだという意見が出てきています同じ理由で「片付く」も「かたずく」とすべきだという意見。結局、今は「もとづく」「かたづく」が本則ですが、上記のように国語の専門家でも意見が二分していたところでもありますので、学校のテスト以外では認める人やそう書く人もいるでしょう。国語のテストなら許容されず、それ以外の場面でそう書く人がいればそれを拒むものではない、というところでしょうか。私個人は言葉や表記が変化するにしても非常にゆっくりやらなければならないと思うので、戦後の仮名遣いこれも「かなづかい」ですねや漢字の改変はやや焦りすぎたかな、という印象を持っています。今も名古屋駅前に「大日本ビルヂング」というビルがありますから昔か「ぢ」表記だったのではないでしょうか。「基づく」は「もとずく」はないと思います。で、いくつかサイトを見たら「基づく」が正しいとなってますね。

  • Course 動物おける生殖細胞形成ついて正い記載どれか
  • 高性能車の証 フロントリアのホイールのサイズ異なる場合
  • 安倍政権は 消去法で支持されてる安陪政権
  • 『ポケモン 4年ぶりポケモンやって隠穴の存在知って気なっ
  • ミニキャラ 2色ツインテールのキャラ見たの美容室行ってあ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です