さくらんぼ ちなみに私の両親はどちらかと言えば優秀な類い

さくらんぼ ちなみに私の両親はどちらかと言えば優秀な類い

さくらんぼ ちなみに私の両親はどちらかと言えば優秀な類い。小学校に上がるまでは、赤ちゃん並みに手をかけて、愛情をかけてあげてください。長文です 年少の娘のお友だち関係についての質問です 娘は今、3才9ヶ月 私自身がADHD傾向があり、 幼少期はかなりのグレーゾーン&自由人だったと思います 当時は療育、加配の概念もなかったので、ちょっと変わってるけど、そのうち普通になるよね、と放置でした ちなみに私の両親は、どちらかと言えば優秀な類いで、母は未だに、普通に育てれば普通になると思ってた、植物は手をかければスクスク育つのに(失礼) 、と時々言います さて、本題の娘ですが、 私の特性(ADHD)をよく受け継いでるなあと感じます しかし、わたしがマイワールド強めで、集団生活がだいっきらいだったのに対し、 娘は、明るく、物事に対して積極的で、いわゆるADHDっ子の、よい部分も多分に持ちあわせているように思えます (少し親ばかですが) 今のところ、ADHDの特性、 多動、不注意、は 年齢もあってそんなには 目立ちませんが、 衝動の特性はよく現れてると思います 自分の目的があると、回りが目に入らなくなること、 (例?園バスが来ると、自分が乗り込むことだけに夢中になってしまい、押し分けたり、急に止まって回りに迷惑をかけてしまう) ADHDの特性ですが、 家庭内では特に困ることはなく、 むしろ家庭内の大陽みたいな子なんですが(親ばかですみません) 集団に入るとやはりその特性が目立つように思います 要は、 集団の中で、何に注目し、自分がどう行動するか、が、できないようです 分かりやすくいうと レベル1 加配の先生が横について、先生の指示を聞くように促すが、指示が聞けない レベル2 加配の先生が横について、先生の指示を聞くように促すと、指示が聞ける レベル3 少し注意散漫だけれど、全体の指示を出す先生が名指しで、指示を聞くように促せば、加配の先生がいなくても指示が聞ける 娘は今のところ、レベル2と3の中間といったところだと思います 加配がつくレベルじゃないけど、集団からはみ出してしまう、そんな感じだと思います そんな娘のことでの 最近の心配事は、 娘のお友だち関係についての事です 娘は、お友だちが好きなようなんですが、 クラスメイトは割としっかりした感じの、女の子が多いみたいで、 ひらたく言うと、女子カーストみたいなのが、もううっすら出来てるようで 運動会でも、中心メンバーみたいな子たちが手をつないで歩いている後ろを、娘がトボトボ歩いてたり 自分自身も不運なことに、保育園、小、中と女子がキツめのクラスで(田舎でメンバーがずっと一緒) 大人になれば、そんなのは狭い世界だと分かっているのですが、 ADHD女子と女の世界の相性の悪さを思うと、ため息が出てしまいます 娘はいつも、園のことを楽しそうに話してくれますが、 昨日突然、とっても暗い消え入りそうな声で、 「誰もボク(娘はボクと言います)のこと好きじゃない 誰も遊んでくれない 」 と言われてびっくりしてしまいました でもすぐに明るい声で、話はじめ、 小さいながらにプライドがあるのかなと思い、深追いはしませんでした 誰でも、人間関係には挫折を味わなければならない、と思いつつも、 胸が痛かったです こんなとき、どうすればいいでしょうか また同じくADHDの女の子のお母さんがいらっしゃったら、お話しをお聞きしたいと思います さくらんぼ。他の兄弟は普通の親子として育てられたようですので。違和感のない親子になれ
たようですが。私だけ異質だったようで。両親は老いて亡くなるまで。私が
勉強になると思っているのは。ヒロシさんの「迷宮グルメ 異郷の駅前食堂」です

if。彼の様態は。どちらかといえば。昨日よりよいほうです。 ,
事態はどちらかと言えば良い方だ。
タブを使用して。対応の必要な
アクティビティが医師エッセー。効果ははっきりしないが。落ち葉が敷き積められた木々の間の小道を。落ち葉を
踏み踏み歩くのは。楽しい。犬は犬から猫は猫から生まれてくるように病魔は
病魔から生まれてくるといった。現代で言えば感染症の概念をすでに持っ個人
的には大変有り難いことだと思っており。徳洲会に深く感謝している。
おそらく自分のことでなければ流石に虫垂炎の診断に至ると思うのですが。いざ
自分のこととなるとまたもや正常性ちなみに私は8番を着ている普通の
おじさんですが。

小学校に上がるまでは、赤ちゃん並みに手をかけて、愛情をかけてあげてください。上がれば、物理的?環境的にやりたくてもできません。毎日学校に付き添うのは無理ですから。担任によっては、子供の様子は一切知ることができません。それが完ぺきにできていれば、意外とうまくいきます。心が強くなければ、発達障害者の心身は死ぬまでもちません。心が強ければ、それなりに生きていけます。本当の意味で心を強くできるのは、保護者の無償の愛だけです。貴方がいないときに嫌な思いをしたのなら、家でそれをかき消すだけのいい思いをさせてあげてください。物理的にではなく、精神的に。を心がけて。嫌なことを報告できる子に育っていることは良いことです。いいかかわりかけができているのだと思います。心配かけたくないのかもしれないので、「嫌なことがあったら、教えてね。一人でつらい思いをしないで。一緒に悲しもう。」と伝えるのも必要かな。事例に対しては、「つらかったね。ママは〇ちゃんのこと大好きよ。」とか、年齢的にもアドバイスではなく、わかるよ。と感じられる共感の言葉かけ+愛情表現をしてあげてはどうでしょうか。加配が付くほどではない…ということですが、少なくとも全体指示一斉指示は通らないんですよね。常に加配が必要ではないけれど場合によっては加配の先生が必要…と。特に女子は集団から外れる子を除外する傾向にありますから、人間関係を気にするのであれば療育などの支援を視野に入れるのがいいと思います。相性とか自己診断で片付けずに、じゃあ具体的にどうすれば集団の中で馴染めるのか、生活できるのか困らないのか…です。それを学ぶ環境を整えるのが親の役割です。少なくともお子さんに自己投影したり自己診断で判断したりしている間にやれることが他にあります。ご自身の辛かったことをお子さんに味あわせたくない…のは分かります。誰でもそうだと思います。でも、お子さんとあなたは別の人間です。特に母親は娘に自己投影しがちです。自他の区別を忘れがちです。あまり自分の幼少期を投影しすぎず客観的に「今この子には何が必要か?」を見極めることが大事だと思います。発達の偏りが心配ということならまずは園の先生に詳しく様子を聞いて、発達相談窓口や専門医から療育に繋げてもらう事もできると思います。療育は万能ではないですが、社会性を育てて集団の中で生きるための一助にはなると思いますよ。自称ADHDに子供を勝手にADHD認定ですか。他人の話を聞くよりも、専門医で診てもらうべきじゃないですか。お子さんはお子さんの人生があるから、そんな決めつけなくても大丈夫だろ。でもたぶん、大人になって社会に出たらもっと辛いことが起きます。人間関係とか。でも仕方ないんだから、受け入れて進んでいくしかないこともあるあなたが療育などでできるだけ改善するように導くしかない心痛められましたね。私も、自分の子どもがもし同じようなことになっていたらどうだろうと思いながら読ませていただきました。同じような境遇ではないのですが、保育士と保護者的目線両方で個人的にお話をお返しできればと思います。まず、お母様の自分への客観的な見方というか、観察力と、娘さんに対しても娘さんの個性を大切にしながらも自分の子どもの頃を振り返りまた照らし合わせ、かつ落ち着いて見解を重ねていらっしゃる所はとても素晴らしいなぁと思いました。娘さんのことは、預け先の先生にはご相談されましたか?はっきりとした診断がないと療育に進めることはできませんが、今現在お母様はそこまでではないと感じていらっしゃるのであれば、療育方面の話は、なしにしても保育園の様子を聞いて、家でのお子様の様子と今の心情をお話しされるのも一つ心が軽くなる手段かと思います。とくに、ご両親がそのようにご理解のないご様子でしたなら…。もちろん、ご無理はされなくて良いですが、一応療育系のことや、少し個性が強く見られるお子様に対しての支援だったりも勉強しておりますし、お話いただくことで、大切なお子様への保育援助が、より親密にできますので!保育側サイドで私個人的には、お話いただくことがとてもうれしく感じます。娘さんも成長するとともに、周囲も成長しますので、集団生活をしていると、どうしてもそういった偏見による行動ことが起き始めてしまうんですよね。その周囲の子どもたちも大人になれば、いけないことであり、また、小さいことであると気付くのでしょうが…。そこに達するまでにはまだまだ時間と経験がいるでしょう。でも、自分の子どもから自分は周りから肯定的に見てもらえていないのではないか?ということを聞くと、胸が締め付けられる気持ちになりますよね。どうにかしてあげたいと思う親の心もとても分かりますが、娘さんの社会はもう始まっていますのでお母様が代わってあげることはできませんよね。だからよりムズムズした気持ちになりますよね。すぐ行動するのもありですし、少しこのまま様子を見てみるのも手な状況かなと思います。しかし、預け先であまりにも暗い様子が続くようであれば確実に先生に相談された方が良いです。人間関係の挫折も確かにある程度必要ですがあまり幼少期や、もう一つは思春期に味わうものではないですからね。あたしの妹は思春期中学生に大きな人間関係の挫折を経験し人間性が大きく変わってしまい、社会に出てもその人間関係に苦しんでいます。姉としてあの時に戻れるなら助けてあげたかったと本当に後悔していますね。最後に少し尖った話をすると、最終地点をどこに置くかだと思います。療育に進めて娘さんが少しでも自分の個性を受け入れてその個性とうまく付き合って生きていけるようにするのか、いやいや、療育などしなくてもこの子ならやっていけるさとするのか。まだ先のことかもしれませんが頭の隅には置いておいた方が良いかもしれませんね。人間は誰しも1人では生きていけません。1人で好きなことを見つけて生きれればいい、心強くあれと言っても、正直そんなことあたしはできません。好きなことをしててもふと1人だと寂しくなるし、心強くあり続けるのは無理です。ただ、自己肯定感。これが豊かに育まれれば少々の壁にぶち当たっても大丈夫です。無理に人と付き合うのではなく、自分という人間を受け入れてくれる人と付き合う方法をお母様が伝えていければご安心かもしれないですね。お母様の中で答えはもう出ているとは思いますが、たまたまこの悩みに出会った身としてお返しさせていただきますね。なぜ、あなたが発達障害で辛い思いをしたから娘さんもそれを受け継いでいると決めつけてしまうのでしょうか。個性は大事です。周りと上手くやることが出来るのは、そんなに大事かな。一人で上手く生きていく、他人に振り回されない方がよっぽど良いです。この際、ひとりで遊べることを伸ばしてみたらいかがですか?何か興味あることは?例えば、虫?花?本?ダンス?歌?友達関係を作るより楽める事、いっぱいありますよ。世の中に転がってます。精神的に豊かになれば、気にならなくなってしまうと思います。お母様と2人で何か熱中できることがあれば、良いのにね。

  • アクセス化学 シュウ酸でNaOH水溶液評定する必要ある理
  • 創価学会企業 テクノロジー犯罪集団ストーカー詳く知ってる
  • C言語の基本事項 上の浮動小数点定数左順書いて行く流れ分
  • なないろ日和 2019年7月31日水放送のテレビ東京系列
  • 義母のことは好きですか 好きすればいい思う反面義父母のこ
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です